最期までアルタクラッセでお過ごし頂きたい

日常レポート

アルタクラッセ二子玉川での日常を随時更新しています

2012年10月26日

「どうして、開けゴマは"ゴマ"なのぉ?」

「どうして、開けゴマは"ゴマ"なのぉ?」
ある週末ののどかな電車の中で、突然小さな男の子の無邪気な声が響きました。
自宅近くを走る多摩川線は、蒲田駅と多摩川駅を結ぶ車両3両のアットホームな路線です。

週末の昼下がりで車内は空いており、車両全体が見通せるほどでした。
5歳くらいの男の子が、ドアの開閉に合わせて「ひらけ~ゴマ!」と呪文を唱えては、その通りに開く電車のドアに大喜びするその様子に車内も微笑ましい雰囲気が漂っていました。
ところが突然その声が質問に変わりました。
「ねぇどうして"ゴマ"なの?」と。

車内にいた大人たちは一瞬、お互い眼をそらすように固まりました。
「そう言えば、どうして"ゴマ"なんだろう?・・・」と。
そして、側にいたお父さんらしき男性が男の子の何とも素朴な質問にどう答えるかに興味が集中しました。

すると、お父さんらしき男性は特に動じるふうでもなく、七分パンツのポケットから"スマホ"を取りだして何やら操作した後にこう答えました。
「ゴマっていう英語(sesame)には、通行券とか解決の糸口という意味があるからだって」と。
「フ~ン」と男の子。納得したのかしないのか、男の子の中から"ゴマ"の謎はもうどこかに消えてしまいました。

そんなことがあった週明け、山中伸弥氏のノーベル生理学・医学賞受賞のニュースを知りました。
日本人として、人類として大変嬉しく感じたと同時に、なぜか週末に出会った"消えたゴマの謎"を思い出していました。

メールと電話が同じスピードで扱われがちな現代において、人は効率化の中で半人前になっていないだろうか、と。
"なぜ"という疑問や"どうしたら"という工夫を繰り返しながら、軽やかに諦めない辛抱を自分は持っているだろうかと自問自答しました。
人類の知見を一新した山中氏の偉業に接し、思い続けることが未来を拓く糸口であるというメッセージを受け取りました。

戻る


資料請求 お問い合わせ

ご入居までの流れ

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アルタクラッセ 二子玉川
〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-40-21
tel.03-5797-5144 fax.03-5797-5162

動画でバーチャル見学

事業主・運営

セントケア東京株式会社

セントケア東京株式会社
東京都中央区八丁堀4丁目10-11
tel.03-6222-1071 fax.03-5540-2210
セントケア東京株式会社はセントケア・グループ企業です

関連リンク

セントケア・ホールディング株式会社

セントケアヴィレッジ蘇我


Copyright(c) SAINT-CARE HOLDING CORPORATION All Rights Reserved.