最期までアルタクラッセでお過ごし頂きたい

日常レポート

アルタクラッセ二子玉川での日常を随時更新しています

2015年11月18日

respect

父がラグビー選手だったこともあり、昨今のラグビー報道には少々誇らしい気持ちが湧いてきます。ラグビーワールドカップ2015で世界第3位の南アフリカチームを破るという大金星を挙げた日本代表。残念ながら決勝には進むことが出来ませんでしたが、サモア戦、アメリカ戦を見た人たちは、南ア戦の勝利はまぐれではなく「日本のラグビーの強さは本物だ」と確信したのではないでしょうか。
 
やはり気になるのは何故、ラグビー弱小国だった日本において、代表チームをここまで育て上げることが出来たのか。ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏はどのような指導を行ったのかということです。
 
氏の著書からすると、「リスペクト(respect)」つまり「敬意を払う」という概念をチームの指導に取り入れたと受け取ることが出来ます。
 
皆さんもテレビ等でご覧になったことがあるでしょう。一人の選手が敵のディフェンスを突破した時、見方の選手がそれを追うように懸命に走ってサポートする姿。

突破すると、通常その瞬間、突破した選手と見方の選手の間にわずかな距離が生まれます。動きの激しい試合中、疲れてくると、その瞬間仲間の動きを漠然とただ見てしまいがちになります。そうやって心の距離も加わり、突破した選手を孤立させてしまっては再びボールは敵の手に渡ることになります。エディー・ジョーンズ氏は、選手の努力を無駄にしないためにも、周りが懸命に走ってサポートする、孤立させない。どんなに疲労していてもしっかり意識して目でとらえ、追いかける。それが仲間へのリスペクト(respect)だと。

「respect」の語源は、「re(再び)」「spect(見る)」。つまり、軽くちらっと“見たつもり”ではなく、もう一度、しっかり見ること。ラグビー日本代表が目指したように、疲れているときこそ周囲へのリスペクトの真価が問われる時。忙しいと思う時にこそメンバーに対して関心の眼差しを向けてこそ強いチームへ成長出来るのではないかと思うのです。 
 
参考)『コーチングとは「信じること」
    ~ラグビー日本代表ヘッドコーチ
    エディー・ジョーンズとの対話』文藝春秋 生島淳(著)

戻る


資料請求 お問い合わせ

ご入居までの流れ

ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

アルタクラッセ 二子玉川
〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-40-21
tel.03-5797-5144 fax.03-5797-5162

動画でバーチャル見学

事業主・運営

セントケア東京株式会社

セントケア東京株式会社
東京都中央区八丁堀3丁目14-4
tel.03-6222-1071 fax.03-5540-2210
セントケア東京株式会社はセントケア・グループ企業です

関連リンク

セントケア・ホールディング株式会社

セントケアヴィレッジ蘇我


Copyright(c) SAINT-CARE HOLDING CORPORATION All Rights Reserved.